藤井聡太の新記録!今までの対戦相手・記録について~

藤井聡太四段(14)、将棋の最年少プロ棋士の快進撃が止まりませんね! 昨年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ入りをし、12月にデビューし、初戦が加藤一二三九段との対局で勝利してから連勝中です。さてその新記録について対戦相手などの記録についてまとめました。



スポンサーリンク






藤井壮太について


プロフィールを見てみましょう~
・名前 ; 藤井 聡太(ふじい そうた)
・生年月日 ; 2002年7月19日(14歳)
・出身地 ; 愛知県瀬戸市
・プロ入り年月日 2016年10月1日(14歳)
・棋士番号 307(段位 四段)
・師匠 杉本昌隆

21世紀生まれでは初のプロ棋士。
5歳のときに祖母から将棋を教わったのが始まりです。
2010年3月に東海研修会に入会。

2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦(低学年の部)で優勝
同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会(低学年の部)で優勝

2012年9月に奨励会に6級で入会する



スポンサーリンク






藤井聡太の新記録について


現在の藤井聡太四段の新記録は、4月26日、関西将棋会館で指された棋王戦予選において、
平藤真吾七段(53)を140手で破り、新記録を達成♪~

自身の持つ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に伸ばしました。

先日は非公式戦とはいえ、インターネットテレビの番組対局で、あの羽生善治3冠との対局をも制したほどの実力です。
もうすでにトップ棋士からもマークされる存在なのです。

次回は、5月1日、東京で行われる竜王戦6組準決勝で、金井恒太六段(30)と対局。
もしここで勝てば、竜王挑戦者を決めるための本戦トーナメントに参加できます~

さあ、史上初の中学生のタイトル挑戦権獲得なるか? 目が離せないですね・・・



スポンサーリンク






藤井聡太、新記録達成!その対戦相手との記録~


2016年12月24日 加藤一二三九段 竜王戦6組 ・・・ 1勝目~
(年齢差が62歳6ヶ月で話題に~)

2017年1月26日 豊川孝弘七段 棋王戦 予選
2017年2月9日 浦野真彦八段 竜王戦6組
2017年3月1日 有森浩三七段 王将戦 一次予選
2017年3月10日 大橋貴洸四段 新人王戦
2017年3月16日 所司和晴七段 竜王戦6組
2017年3月23日 大橋貴洸四段 棋王戦 予選

2017年4月4日 小林裕士七段 王将戦 一次予選
これ以外にも、NHK杯の予選で三連勝しています。

2017年4月12日 星野良生四段 竜王戦6組ランキング戦 ・・・ 12勝目 
2017年4月17日 千田翔太六段 第67回NHK杯1回戦第7局 ・・・ 13勝目 

そして、 14勝目が、先日 4月26日の平藤真吾七段 第43期棋王戦



スポンサーリンク







最後に


「藤井聡太の新記録!今までの対戦相手・記録について~」と題して述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

いや~凄い! 藤井聡太四段の14連勝・・・
史上5人目となる中学生棋士、どこまで新記録を伸ばせるのか~

ここまで来たら、まず「NHK杯」は優勝してもらいたいし、
竜王戦の本戦トーナメントにも出てもらいたいですね♪~




【関連記事】
藤井壮太四段、デビュー11連勝達成?!
藤井壮太 デビュー12連勝達成?
菊川怜、結婚を生放送で発表♪~
藤井聡太の新記録、15連勝!?対戦相手 次は誰?